2016年01月30日

真澄携帯小説2385話

井上さんが力説する。
「観光地に行ってもそこで自分が生活していくというイメージが沸かないだよ。観光地でない駅から歩いて公園でぼーとしたり、川沿いを歩いたり国道沿いを歩いていると、何かそこでの生活がイメージできるんだよ。ここで今とは違う仕事をして、新しく仲間ができて、ここにDVDを借りにきてとイメージできるんだよ少し疲れた時に新しい自分の生活が見えたらすごく気持ちが楽になるんだよ。そうするとまた今の生活や仲間がこいしくなって、また頑張ろうと思えるんだよ。」
安川は井上の言うことが何となくわかる気がした。 続く
posted by サバンナ八木 at 08:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする