2016年04月26日

真澄携帯小説2472話

続いて人魚の海に行くことにした。
人魚の海の水槽を眺める。
そこには白く美しいジュゴンがいた。
体に丸みがある。
日本で唯一飼育されているそうだ。
その唯一のジュゴンが目の前で泳いでいる。
現在は生息数が減少しており、国際保護動物に指定されているそうだ。
昔、航海をしている人がジュゴンを見て人魚だと思ったそうだ。
霧がかかっているとジュゴンが岩に腰かけていると人魚に見えたのだろう。
もしくは本当に人魚がいたのか。
ロマンを感じずにはいられなかった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする