2016年06月14日

真澄携帯小説2521話

ウィークリーマンションは日本橋にあった。
1LDKのマンションだった。
キッチンを見てみると、包丁やまな板までついていた。
即決で借りることにした。
久しくホテル暮らしだったので自分で料理をできるというのが嬉しかった。
契約を済まし荷物を置く。
荷物といってもほとんどない。
さっと荷物をおいて、黒門市場に買い出しに行くことにした。
黒門市場はものすごく活気があった。
アーケードがあり、専門店が沢山並んでいた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする