2016年06月17日

真澄携帯小説2524話

入りそうな物を考えてもう一度買い出しをする。
デザートに果物も買っておく。
買い出しといってもマンションから黒門市場はかなり近いのですぐだった。
帰ると仕込みがおわっていた。
仕込みといっても野菜をきるだけなのですぐにおわったみたいだ。
テーブルに電熱の鍋を置いて、昆布と水をいれる。 コンロで河豚ヒレを炙り、レンジで温めた日本酒の中に放り込んだ。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする