2016年06月18日

真澄携帯小説2525話

温めた日本酒のコップに炙ったヒレを入れる。
ジュッという音がする。 ちょっと炙りすぎたほうが出汁がでると誰かが言っていた。
誰かというのは思い出せない。
友達が言っていたのか、テレビで誰かが言っていたのか、その辺もごっちゃになってわからない。
はたしてそれを言っていたのかも定かでない。
自分が思っていただけかもしれない。
コップを小皿で蓋をする。
さすがにウィークリーマンションにヒレ酒のコップの器はなかった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする