2016年08月29日

真澄携帯小説2596話

その露天風呂に入れるということでワクワクした。 ホテルはかなり大きかった。
チェックインまで少し時間があったのでティーラウンジで珈琲を飲むことにした。
この時間が至福の時間と言える。
館内のマップを確認する。
湖に浮かぶ露天風呂とは別にも館内に温泉がある。 温泉は源泉かけ流しである。
館内には売店やカラオケ施設もあり一泊では遊びきれないのではないかと、安川とユリはワクワクするのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする