2016年09月12日

真澄携帯小説2610話

安川とユリは倉吉をあとにすることにした。
海岸のほうに出で海沿いの道を南に走ることにした。
海沿いの道は一直線で走りやすく最高のドライブコースだった。
琴浦町を通りすぎ、大山町を通りすぎる。
そして、日吉津村に到着した。
ここでどう進むかの選択である。
湾がいりくんだ地形になっている。
境港市のほうに行くのか、米子市のほうに行くのか。
せっかくなので大きく回ろうと境港市のほうに進むことにした。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする