2016年10月27日

真澄携帯小説2655話

サンライズ糸山には沢山の自転車が置いてあった。 あんなに駐車場に自転車が置いているのを初めてみた。
珈琲を飲みながら海を眺めながら今日の旅を振り返る。
そこでユリが衝撃の一言を放つ。
「車、尾道に置いてるから帰らないといけないんだよね」
安川は車のことをまったく考えていなかった。
今治をゴールとしていたが車は尾道なのである。
日も暮れかけている。
さすがに今からは帰れない。
今治で今日泊まり明日帰ることにした。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする