2016年11月12日

真澄携帯小説2671話

松山から宇和島を目指して車を走らせる。
車で走っていると、何軒が同じ名前のラーメン屋さんが出てきた。
豚という名前がついていて覚えやすい名前だった。 四国で人気のラーメン屋さんなのだろう。
入ってみるとおでんがあった。
ラーメンができあがる前につまむ感じなのだろう。 夜ならビールとおでん、そして時間差でラーメンでしめるという感じである。 車だったので、ビールなして、コンニャクとスジをつまみラーメンを待った。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする