2016年12月26日

真澄携帯小説2714話

室戸岬に行くと灯台があった。
大きな灯台である。
前に行った鳥羽の相差の灯台とはまた違ったタイプの灯台であった。
実効光度と光達距離で日本一を誇る灯台であった。 歴史的価値も高く保存灯台とされていた。
保存灯台とは明治時代以降に建設された灯台の中で特に歴史的、文化的な価値の高いものを海上保安庁が選んで保存処置をしているとウィキに書いてあった。 Aランクの保存灯台は23基を全国に存在してその一つが室戸岬灯台であった。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする