2016年12月30日

真澄携帯小説2718話

安川は、肉ぶっかけ温泉玉子トッピング、ユリはかまたまを注文することにした。
大きな釜でうどんが茹でれる。
手打ちうどんはこの大きな釜で湯がかれるのがポイントのようだ。
小麦粉がついているので、大きな鍋で沢山のお湯で湯かがないとドロッとなってしまうようである。
湯かがれたうどんが冷水でしめられる。
そこに肉と温泉玉子と汁とネギがかけられる。
かまたまは湯かがれたうどんを生卵を素早くからめている。
出来上がったうどんを二人はいただくことにした。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする