2017年02月11日

真澄携帯小説2761話

幹部たちの意見がわれる。
ウツボに攻めていくと抗戦派。
降伏をするという意見。 話がなかなかまとまらない。
そんな話し合いが続いている時に、なんとウナギヘッドが現れたのだ。
ウナギヘッドは傷だらけである。
帰ってこれたのが奇跡である。
そんなボロボロの体で現れたのである。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする