2017年03月15日

真澄携帯小説2793話

カフェで朝食をとりながら、安川は昨日貰ったチラシを見る。
聞いたことのない劇団だった、というか安川は今までほとんど演劇というものを見てこなかった。
ドラマも今まで見たのは、西部警察、金八先生、スクールウォーズ、不良少女と呼ばれて、高校教師、半沢直樹、下町ロケット、ぐらいだった。いわゆるメガヒット作品して見てこなかった。
一度、生の舞台というのを見てみたくなった。
ユリもチラシを見て興味を持ったようだ。
二人で芝居を見に行くことにした。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする