2017年03月19日

真澄携帯小説2797話

きしめんを食べに行く。 きしめん、麺が平べったいのが特徴である。
昔、料理マンガで読んだのだが、太い麺の方が細い麺より、汁に触れる面積が小さくなるので出汁の味が濃いと読んだ記憶がある。 そう考えると、きしめんのスープは少し濃いめということになるのだろうか。 よく考えたら、きしめんを名古屋駅の新幹線のホームの4号車の所にある、立ち食いきしめんしか食べたことがなかった。
いっつも新幹線が来るのを焦りながら食べている思いでしかなかった。
そしてあそこのきしめんはかなりうまかった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする