2017年03月22日

真澄携帯小説第2800話

きしめんを食べ名古屋を後にする。
滞在時間は二時間ぐらいだった。
ただ美味しさはまだまだ引きずるのだった。
そこから東京方面に車を進める。
そして途中に寄りたい街があった。
それは浜松だった。
浜松はとても街並みがきれいというのをスナック能登半島のお客さんが言っていたのを思い出したのだ。 名古屋から浜松、きしめんを食べお腹がいっぱいのまま、あっという間に到着した。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする