2017年08月12日

真澄携帯小説2943話

サトシ君の曲を聴かせてもらい感想を話していると、リビングに男性が入ってきた。
ルームメートの人だろう。
サトシ君は「おかえり」という。
こうへいは挨拶をする。 男性は挨拶を返してくれ、丁寧に自己紹介してくれた。
「私は、誠と申します。明るい住みやすい世の中になるように目指してます」
そっから誠君の話は続いた。
どうやら誠君は政治家を目指しているようだった。 いろんな人が集まっているシェアハウスなんだと実感するのだった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする