2017年09月09日

真澄携帯小説2971話

ペリーさんは珈琲を飲みながら語る。
「ポジションというのは、割合ということだね。要するにいつまで勝負をし続けないといけないかという所に行き着くんだよ。利益を確定させた所で、それが円だと、結局は為替に左右される。金やプラチナにして持つのもいいけど、まったくそれ自体は利益を生み出さない。なので割合を決めていくんだよ。よく言われているのは株と債権で分散させる、先進国と新興国で分散させる、そして1割を地金にしておくという、そういう割合をポートフィリョというんだよ」
コウヘイは初めて聞く言葉だらけで着いていくのに必死である。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする