2017年09月23日

真澄携帯小説2985話

コウヘイはインタビューをユウダイにお願いする。 「そんなインタビューって、俺なんかに何聞くのよ。ろくな人生歩んでないで。どんな話が聞きたいのか。塀の中の献立とか教えたろか」
コウヘイはすでにびびっている。
「正直、そっちの世界の方って僕らからしたら未知の部分が多いんですよ。なので本当に素朴に聞きたいことが多いんですよ。まず何でその業界に入ろうとしたんですか?」
「まあ誘われたから違うかな」
ユウダイさんは語ってくれた。
続く
posted by サバンナ八木 at 10:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする