2017年11月12日

真澄携帯小説3035話

キスはほんの数秒だった。
同じように時間が流れている。
考えてみれば、朝の忙しい時も、夕方のぼーとしている時間も同じ10分である。
しかしその体感は全然違う。
日々のルーティンでしなければいけない10分と、空白の10分では感じ方が違うのだ。
決まった数秒という中では、二人のキスはあまりに内容の濃い時間であった。 友達はキスをしない。
二人はもう友達ではないのである。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする