2018年02月03日

真澄携帯小説3116

調べてみると、地球の中身は空洞説というのがあった。
6000℃の核があるという説が一般的だが空洞説もあり得ない話ではない。空洞だった場合。
リンゴを空洞におくとどっちに落ちていくのか。
あと空洞だが、とんでもない気圧の可能性がある。 地球の重さが中心にかかっている。
そのギュウギュウにつめた気圧が6000℃という温度を作り出しているのかもしれない。
まったく根拠のない想像をするのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする