2018年02月16日

真澄携帯小説3129

トレーニングを終え、部屋に入れる時間がきたので、部屋に入る。
部屋に入り、ベランダに出てみて驚いた。
鹿児島湾が一望できる。 そして下には広大な庭が広がっている。
ベランダから隣をみると、隣のベランダがかなり近い。
この作りに妙な味わいを感じた。
それでいうと、部屋に木の枠でできた窓があった。 部屋の中に何の窓だろうと開けてみる。
その窓を開ければお風呂が見えた。
新婚やカップルできたら楽しんだろうなと思うのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする