2018年03月19日

真澄携帯小説3160

テレビをつける。
英語の放送、当然まったくわからない。
チャンネルを変えていくと、見たことのある番組が出てきた。
日本の放送を見れるのである。
多くの日本人が住まわれていてニーズも高いのだろう。
見ているとここがハワイであることを忘れてしまうほどである。
せったくだからもう一度外に出ることにした。
ビーチで夕日を見ることにした。
ワイキキビーチから少し行った場所で海を眺める。 太陽ってこんなオレンジなんだと思うぐらいのオレンジ色をしていた。
薄暗くなっていく、この夕暮れ時、なんとも言えない寂しい気持ちになるのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする