2018年04月13日

真澄携帯小説3184

この呼吸というのが最初はなかなか感覚をつかみにくい。
歌を歌う人がボイストレーニングをされる。
それも呼吸である。
腹式呼吸である。
肺にある空気で吐いていくイメージではなく、お腹にある空気を吐いていくイメージ。
おへその下を意識する感じである。
空手の息吹という呼吸も同じイメージである。
呼吸法は基本つながってるんだと感じる。
ユミはそれを完璧にマスターしていた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする