2018年04月19日

真澄携帯小説3190

ユミは食事を好きな物をとるのと同じで、トレーニングもメニューを決め込むことはしなかった。
だいたい、こうしようというイメージはあるのだが、決め込まない。
その日の気分によって決めていくのだ。
今日は天気がいいからランニングしようとか、今日はジムに行ってみようかなとか、今日は自宅でヨガをしよう、今日は気分がのらないので散歩だけにしておこうとか、このようにメニューを決めずに感覚や気分を大切にすることにした。 その代わり毎日何かはやるようにした。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする