2018年05月15日

真澄携帯小説3216

沖縄に到着して、那覇に泊まることにした。
着いた日は、街中の方がいいかなと富豪が言ったのだ。
まだ会ったばかりなので、ワイワイ楽しい方がいい。
ユミも大賛成だった。
那覇のホテルに荷物を起き、松山に出かけることにした。
松山は沖縄で一番の繁華街である。
その外れにステーキを食べさせてくれる店があったのでそこでステーキを頂き、クラブに行くことになった。
女性はなかなかクラブにに行くことはないので、ちょっと楽しみであった。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする