2018年05月18日

真澄携帯小説3219

ドンペリで乾杯をする。 いつ沖縄に来られたんですか、と当たり障りのない会話をしてくる。
流石にプロである。
そこで、間違ってもお二人はどういう関係なんですかとは聞いてこない。
そしてさらに当たり障りない会話をしてくる。
お酒って強いんですか? 大富豪が答える。
そこそこだね。
沖縄に来て何か食べました?
来たばっかりなんだよ。 二人の関係という核心をつかずに会話を回す、そこにプロを感じるのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする