2018年06月17日

真澄携帯小説3249

食後のアイスコーヒーを飲むことにした。
ラーメン屋さんから二分ぐらいの場所にあった。
京都では有名な喫茶店で、ちょっと値段は高いが落ち着いた雰囲気をしていた。
そこのアイスコーヒーがこだわっていた。
水だしコーヒーというやり方のコーヒーである。
お湯でドリップしたのを冷やすのではなく水で豆からコーヒーを抽出する。
当然時間はかかる。
ただ京都の水でストレスをかけずゆっくり抽出するコーヒーは上手いに決まっているだろう。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする