2018年06月21日

真澄携帯小説3253

ユミはさすがにマンションをかって貰うのはどうかと、それを断った。
欲しくなったらいつでも言ってなと富豪はいう。
たぶん本当に買ってくれるだろう。
富豪はこれからどうしようということになった。
せっかくだから、家に来るという提案をしてきた。 最後はユミの家があるハワイに帰るんだから、うちに寄ってから帰ったらとなった。
家はどこですかと聞くとロサンゼルスと富豪は答えた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする