2019年06月12日

真澄携帯小説3615

ヤカラはさらに追い込む。
そしてヤカラの仲間がやってきた。
一気にパーティーの空気が変わった。
そしてIT社長にも飛び火した。
ヤカラがIT社長に絡みだしたのだ。
お前、何こっち見てんねん。
社長もすぐにさらっと謝ればいいのだが女子のいる手前、それができなかった。
IT社長は、一気に走りだして逃げて行った。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする