2019年06月13日

真澄携帯小説3616

せっかくのパーティーが台無しになってしまった。 主役であるはずの若手社長は奥の席で取り残された感じになっていた。
若手社長は、数人で店を変えて飲みなおそうかとなった。
六本木や麻布には、会員制のバーが多い。
この辺りにいる人達を見ると、今誰が儲かっているか、どんなジャンルが儲かっているかがわかりやすい。
会員制のバーに行き、若手社長は今後のビジネスについて語るのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする