2019年10月21日

真澄携帯小説3745

ユーラシアの官僚は一気にイースト共和国につく方向をしめした。
内部分列した、ユーラシアは全面戦争をしかけることにした。
まだ小さい国だった時に全面戦争はあったが巨大帝国になってからはなかった。
莫大な数の兵隊が、イースト共和国に向けて動き出した。
ここに天下分け目の戦いが起ころうとしていた。
続く


posted by サバンナ八木 at 08:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。