2019年11月07日

真澄携帯小説3752

元々は、ユーラシア大陸覇者と、イースト共和国の戦いだったはずである。
それが官僚の出世争い、商人の争いになってきた。 ここで、イースト共和国がユーラシア大陸覇者に、和平案を持ち出してきた。 元々はユーラシア大陸覇者が大陸全てを治めていた。
そこにイースト共和国が入ってきての和平交渉である。
この時点でイースト共和国にはメリットがある。
和平案はユーラシア大陸覇者とイースト共和国の間に一つ新しい国をつくらないかという提案であった。 続く
posted by サバンナ八木 at 10:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

真澄携帯小説3751

利益を得たユーラシア商人は、イースト共和国の商人を飲み込んでいくことになる。
モールに家賃を払っていたのに、モールを買いにでたのである。
イースト共和国は資金繰りに困っていたので、モールを売却することになった。
ユーラシア商人はモールを書いとり、さらにテナントまでいれることに成功した。
続く
posted by サバンナ八木 at 10:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

真澄携帯小説3750

イースト共和国商人はショッピングモールを展開したが、誤算がうまれてきた。
直営店がなかったからだ。
テナントを貸すことによって大家になり、確実に家賃を受け取れ、利益を出せると思っていた。
それが修理などで経費がかさみだしたのだ。
お客さんは増える。
その利益を得たのは、ユーラシア商人であった。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

真澄携帯小説3749

イースト共和国商人のテナントに、ユーラシア商人が入ることになった。
イースト共和国商人から、テナント料金を貰えるので、自分たちが優位になったつもりでいていた。
実際に入ってみると、驚くぐらい物が売れた。
その売り上げからみるとテナント料金は微々たるものであった。
しかも戦争の玉などで、店が壊れた時は、モール側が修理代金を出すことになっていた。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

真澄携帯小説3748

ユーラシアの商人とイースト共和国の商人がぶつかり出した。
当然の話である。
そこでイースト共和国の豪商が、ユーラシアの商人にいい条件で交渉をしだした。
イースト共和国の豪商はいわゆる、ショッピングモールを経営する。
そこにテナントとして入らないかという案であった。
設備も用意すると。
ただ売り上げの一部をおさめてくれという条件だった
続く
posted by サバンナ八木 at 08:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

真澄携帯小説3747

ユーラシアの官僚が分列しだした。
そして、そこに追随するように、兵士達に食糧を卸していた商人達にも動きがあった。
誰もが勝ち馬に乗りたく、流れを見ている。
いち早く、イースト共和国に官僚と一緒に動くという商人が出てきた。
官僚が移動することにより、かなりの消費があり売上が見込めるからだ。
ただ移動した先には、イースト共和国の商人がいるのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 17:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

真澄携帯小説お知らせ

真澄携帯小説
毎日発信から、不定期発信になります。
posted by サバンナ八木 at 16:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

真澄携帯小説3746

ここで官僚の動きに足並みがくるいだしてきた。 全員が行くのかなと思いきや、残る官僚が出てきたのだ。
残れば重宝されるからだ。
今までは、トップ集団から遅れをとっていた官僚が残るという選択をして、一気に重宝されるポジションにつく。
あとはユーラシアが合戦に勝利をすれば、自分は一気にトップ官僚になることができるのだ。
posted by サバンナ八木 at 09:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

真澄携帯小説3745

ユーラシアの官僚は一気にイースト共和国につく方向をしめした。
内部分列した、ユーラシアは全面戦争をしかけることにした。
まだ小さい国だった時に全面戦争はあったが巨大帝国になってからはなかった。
莫大な数の兵隊が、イースト共和国に向けて動き出した。
ここに天下分け目の戦いが起ころうとしていた。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

真澄携帯小説3744

ユーラシアの官僚は優秀であった。
いち早く、和平の道を打ち出した。
そしてイースト共和国にとっても有利な話だった。 新しく手に入れた国を治めるというのは非常に難しいことであった。
官僚がいれば、その国の統治をそのまま引き継げることになる。
イースト共和国は、ユーラシア官僚をいい条件で優遇するのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 15:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

真澄携帯小説3743

この分裂に、イースト共和国は、いち早くきずいた。
ユーラシアの官僚達に、イースト共和国の幹部が接触したのだ。
ユーラシアの官僚達は本当に優秀であった。
官僚は世襲ではなく、地方出身でも、テストの成績が良ければなることができた。
極貧でもテストに受かって官僚になれば家族に楽な暮らしをさせてあげることができた。
続く
posted by サバンナ八木 at 07:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

真澄携帯小説3742

覇者の血筋の幹部達はまだこの自体が信じられないでいた。
今まで、連戦連勝でこのユーラシア大陸を手中におさめたのである。
ほんの数ヵ月で、まさか、大陸の覇者を脅かされるとは夢にもなかった。
ただあの大砲というものに対抗する武器がなかった。
官僚達は、戦いが起きる前に和睦をおした。
ここで、覇者の血筋の幹部と官僚が対立することになった。
続く
posted by サバンナ八木 at 10:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

真澄携帯小説3741

過去に負けることなく発展した帝国に訪れた、初めての危機であった。
幹部会議は交戦か和睦かに別れた。
幹部は、国の王、覇者の血筋、官僚のトップがなっていた。
国の王は和睦を提案した。
どうあれ、自分の領土を守ることが大切だった。
官僚もどんな国になっても、自分のやるべきことは変わらないといったかんじである。
一番、交戦を推したのは、覇者の血筋であった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

真澄携帯小説3740

ユーラシア大陸覇者が攻めこんで、守る展開だったのが、ここに来て、イースト共和国が攻める展開になった。
大砲で、城を攻める。
城には数々の仕掛けがあったが大砲はそんな仕掛けもろとも破壊した。
これはユーラシア大陸覇者に衝撃を与えた。
ユーラシア大陸覇者の元に国王達があつめられた。 意見を求めた。
和睦か交戦か、意見は真っ二つに割れた。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

真澄携帯小説3739

クリスタル一族の支援を受けた国は、イースト共和国という国をつくりだした。
その共和国の理事長には、一番最初にクリスタル一族から支援を受けた国の国王がなった。
ユーラシア大陸覇者の怒りは凄まじいものがあった。
恐ろしい数の兵隊で、共和国に攻めてきた。
その攻撃を、大砲で食い止めるのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

真澄携帯小説3738

王と隣国の王は同盟を結ぶことになった。
これは、この地域でかなり大きな出来事であった。 ユーラシア大陸覇者は、いろんな国をまとめて、巨大帝国をつくりあげた。
そして、今回、クリスタル一族の支援のもとに、以前の国家が戻ったことになった。
この出来事は他の国にも勇気を与えることになった。
こちらから、誘わなくても、クリスタル一族の支援をうけたいという国が集まりだしてきた。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

真澄携帯小説3737

王は伝達を送ることにした。
その伝達を送る相手は隣国の王にであった。
ユーラシア大陸覇者の兵隊といっても、そのほとんどは隣国の兵士達であった。
伝達には自分たちがクリスタル一族からの支援を受けている話などが書かれており、こちら側に来ないかという誘いも書かれていた。
そして伝達は読まれ、素早く返事が返された。
我が国もクリスタル一族に入りたいと。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

真澄携帯小説3736

ユーラシア大陸覇者の兵士達、重厚な甲冑に身をまとい、大きな剣で迫ってくる。
肉弾戦になるとどうしても勝てない。
それが大砲という新しい武器と戦うことになるのである。
クリスタル一族から兵器を買い、王はその砲台から弾を打ちまくった。
ユーラシア大陸の兵士達はこちらに攻めることはなかった。
そこで、伝達を持った兵士を送らせることにした。 続く
posted by サバンナ八木 at 08:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

真澄携帯小説3735

王はユーラシア大陸からの使者を帰らせた。
つまりユーラシア大陸覇者からの脱退を正式に表明したのだ。
そしてユーラシア大陸覇者の行動は早かった。
すぐに王の元に兵隊を送り込んできた。
そして、兵隊が攻めようとしたその時、そこに大砲がおちた。
ユーラシア大陸覇者からするとはじめて大砲で攻撃されたのである。
兵隊達は動揺をかくせなかった。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

真澄携帯小説3734

宴は夜遅くまで行われた。
クリスタル一族は細かな話は幹部同士でまたつめましょうと帰っていった。
そして美女はここにとどまることになった。
王は、美少に言った。
そなたとずっと一緒にいたい、結婚してくれないか。
美女は言った。
うれしゅうございます。 王は美女の肩を抱き寄せるのであった。
長い夜はまだ続くのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする