2018年06月11日

真澄携帯小説3243

食事の時間がやって来た。
昼御飯のノドグロ焼きを食べたのが遅かったので、そこまでお腹はすいていなかったが、とりあえず、飲みながら食べようとなった。
今はドラフトビールというのが人気である。
その土地の独自の配合で独自のビールをつくっている。
城崎にもドラフトビールがあった。
せっかくなのでドラフトビールで乾杯をした。
温泉からあがったあとのドラフトビール、体に染み込んでいった。
posted by サバンナ八木 at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真澄携帯小説3216

食事の時間がやって来た。
昼御飯のノドグロ焼きを食べたのが遅かったので、そこまでお腹はすいていなかったが、とりあえず、飲みながら食べようとなった。
今はドラフトビールというのが人気である。
その土地の独自の配合で独自のビールをつくっている。
城崎にもドラフトビールがあった。
せっかくなのでドラフトビールで乾杯をした。
温泉からあがったあとのドラフトビール、体に染み込んでいった。
posted by サバンナ八木 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

真澄携帯小説3242

露天風呂に入る。
ここまできて断るという選択肢はなかった。
ユミは、バスタオルを巻き、そのまま露天風呂に入る。
本来バスタオルを湯船に浸けてはいけないが、部屋の露天風呂なのでオッケーである。
温泉の湯は色は無色であった。
色はないが塩分を含んでいる。湯が出てくる所から湯を少しすくい口に含む。 塩分をしっかりと感じた。
富豪も同じように口に含む。
本当だねと温泉の湯の良さを実感していた。
バスタオルでいたがそれほど違和感がなかった。 富豪は先に湯から上がる。
ユミも後から上がる。
湯上がりもポカポカしていた。
よっぽど湯の成分がいいのだろう。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

真澄携帯小説3241

富豪はノートパソコンで、何かをチェックしていた。
10分ぐらいして、パソコンを閉じたので、何を調べていたか聞いてみた。
世の中のいろんな値段をチェックしてたんだよ。
ドルやポンドなどの為替。原油の値段。金やプラチナの値段。ニューヨークダウや世界の株価。日本の株の個別銘柄。
仮想通貨の値段。
不動産の値段やリートの値段。
そして長期金利。
これらの中で割安というものがあれば資産のバランスを変えるんだよ。
じゃあお風呂に入ろうかなと富豪は言った。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

真澄携帯小説3240

せっかくだから、外湯に入ろうかとも思ったが、それならせっかくだから部屋の露天風呂に入ろうということになった。
そうだねとユミは言った。
でもよく考えてみると、一緒に入るのかなとか、いろいろと頭をよぎった。
契約の約束は今日果たされるのかなと想像した。
ロープウェイも結局上らずに部屋に戻ってきた。
夕食までちょっと時間がある。
富豪はユミに言った。
ゆっくりしといていいよ。
そう言って富豪はノートパソコンを取り出したのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

真澄携帯小説3239

温泉街を散策する。
歩いていくと、元湯があった。
自然石から温泉が沸き上がってるのである。
そのお湯で温泉卵をつくっている。
ジェラートを食べることにした。
ベンチに座りジェラートを食べる。
そこでジェラートを食べていると昨日は、南大東島にいたのが不思議であった。
50億円という契約ですでに25億円が振り込まれている。
そしてあと四日間を過ごし、一回は夜を友にしないといけない契約。
隣でジェラートを食べているカップルはまさか自分達がそんな契約をしているとは夢にも思わないだろう。
ジェラートミルク味にしたがシンプルで美味しかった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

真澄携帯小説3238

特別室に入り、ユミは富豪にお茶を入れる。
富豪はお茶を飲みながら、ちょっと外に出ようかと言った。
浴衣に着替えずにそのままの服で外にでる。
温泉街は川沿いに柳の木があり情緒がある。
少しあるくと、新鮮な魚が並んでいる店があった。 上で食べれるようになっており、買った魚や貝を調理してくれるのである。
ノドグロがあったので、買って上で焼いて貰うことにした。
テーブルに座り、ノドグロの焼きをいただく。
白身でしっかりと油がのっている。
富豪もノドグロ焼きの美味しさに笑顔であった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

真澄携帯小説3237

部屋に露天風呂もある。 庭を眺めていると、心が落ち着いた。
そして楽しみは料理である。
季節によって献立が違った。
春は甘鯛の料理である。 夏は、但馬牛とアワビである。
秋は松茸を味わえる。
そして冬は蟹である。
どの季節もいいが、冬の蟹は格別だろう。
やっぱり冬がいいねとユミが言うと、富豪は答えた。
春の甘鯛がいい。
本当の金持ちはそうなるんだとユミは思うのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

真澄携帯小説3236

円山川から温泉町に入る。
一気に旅館やお店が増えた。
城崎温泉に到着である。 駅前からさらに進み、川沿いに進むとその旅館はあった。
城崎温泉は1400年前に湯が出たそうだ。
そしてこの旅館は150年の歴史がある。
その旅館の特別室を富豪はおさえてくれていた。
庭が見えて、部屋に露天風呂もある。
考えてみれば城崎温泉には7つの外湯がある。
この旅館にも三つの大浴場があり、さらに部屋に露天風呂。
どのお風呂に入ろうか迷ってしまう。
ちなみにタクシー代金は13万円であった。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

真澄携帯小説3235

出石からさらに進み、豊岡に到着する。
そこから円山川沿いに進む。
円山川の湿地帯、かなり自然が保護されている感じである。
川を綺麗にする工事をすると、川の底がコンクリートになり、生態系が変わってしまう場合がある。
蛍が卵を産み付けているのに、それをどこかにやってしまう可能性があるのだ。
自然なままで保護されている姿をみると安心した気持ちになった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

真澄携帯小説3234

大東島から沖縄に戻る。 そして、大阪に戻る。
大阪から城崎温泉に向かう。
電車もよかったのだが、ジャンボタクシーで向かうことにした。
途中、出石でお蕎麦を食べたかったからだ。
出石の街並みは、おもむきがあった。
そこで、そばをいただく。
やはり、うちたての蕎麦は風味が違う。
食べると風味が鼻から抜ける。
ドライバーさんも一緒に食べてもらうことにした。 メーターがすでに8万円をこえていた。
富豪は蕎麦の美味しさに大満足であった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

真澄携帯小説3233

大東島の大東そばと、大東寿司をいただく。
レンタサイクルをかりて島を散策する。
犬を見かけた。
なんだが、尻尾が丸い。 大東犬といって、南大東島に住んでいる犬種だそうだ。
海沿いに、岩をくりぬいてつくられたプールがある。
海に囲まれていながらビーチがないからである。
スロットの店もある。
のぞいてみると結構、繁盛していた。
サトウキビ畑に囲まれて、すごく気持ちよかった。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

真澄携帯小説3232

南大東島、行くにはフェリーか、飛行機である。
フェリーは一日何便というより、週に二便とかそういう感じである。
飛行機は、沖縄から一日二便ぐらいでている。
1時間ちょっとである。 富豪はもちろん、飛行機を選択する。
到着して、寿司を食べに行くことにした。
大東寿司、このお寿司はサワラを漬けにしたものである。
那覇空港で搭乗口近くのお土産屋さんで買うことはできるが、やはり店で食べたいものである。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

真澄携帯小説3231

ユミは、富豪との関係はあくまでも、お金の関係である。
でも、嫌いかと言えば嫌いでない。
いてると楽しいのである。
それを富豪は聞くと笑顔になった。
そして、富豪は次の行き先を決めた。
富豪が決めた行き先は南大東島だった。
南大東島は沖縄から東に400メートルの場所にある、大東諸島の一つの島である。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

真澄携帯小説3230

すごく気持ちいいね。
富豪は公園でボーとすることがなかったらしい。
ベンチに富豪は寝転ぶ。 ユミは、膝枕をしてあげる。
知らない人が見たらどう見てもカップルである。
でも二人の間をつないでるのはお金である。
富豪は、ふっと寂しい言葉を言った。
お金を持ちすぎると、全てがお金のつながりになってしまうんだよ。
こうしている君も、僕にお金が亡くなると、もう会えなくなってしまう。
ユミは返す言葉がなかった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

真澄携帯小説3229

富豪と公園に行った。
電車に乗って公園に行く。
富豪は電車の中を珍しそうに見渡す。
普段、電車にのりなれてないのか、すぐにふらついている。
駅を出て少し行くと参道があり、その近くに公園はあった。
公園の中をあるく。
そしてベンチに二人座る。
自動販売機で、コーヒーを買う。
ベンチに座りながら、沈黙を楽しむのであった。
posted by サバンナ八木 at 08:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

真澄携帯小説3228

ホテルの喫茶店からまた出発である。
富豪はユミに聞く。
どっか行きたい処あるかな。
ユミはパッと思い付く場所がなかった。
逆にユミは聞いてみる。 どっか行きたい場所あるんですか。
富豪は言い出した。
実はそれがないんだよ。 どこでも行けるようになると、行きたい場所がなくなるんだよ。
そして、何でも買えると、買い物の楽しさもなくなってしまうんだよ。
ユミが行った。
じゃあ公園でも行く。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

真澄携帯小説3227

ユミは富豪の言われるがまま、履いていたデニムをずらし、水色の下着を見せるのであった。
ユミは、そのまま覚悟を決めていた。
ただ、契約は一週間を共にして、関係を持つのは一回と契約になっていた。
今日関係を持つとあと六日間を一緒に過ごすだけで50億円の大金を手にする事ができるのである。
ユミはデニムをずらしたままでいると、今日はこのへんでと富豪は帰るように指示をした。
明日からまた富豪とのデートが待っているのである。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

真澄携帯小説3226

本当の金持ちは考えてることがわからない。
一週間で50億円の契約をしているのだ。
ユミは覚悟をしていた。 その執着は見えているのに、下着の色を当てるゲームである。
富豪はじっとユミの顔を見る。
今日、一日一緒にいたが、昼間見せる顔とはまったく違った顔があった。
そして、言った。
黒だ。
ユミは違うと言った。
富豪は証明しないとわからないだろうと言った。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

真澄携帯小説3225

部屋に向かう。
部屋に入り富豪の横に座る。
今からゲームをしよう。 下着の色を当てるゲーム。
今から、ヒントをもとに下着の色を当てる、当たればその下着をいただく、はずれたら一回ごとにレンガをプレゼントするよ。
レンガとは1000万円のことをさしていた。
お札の厚みでレンガのような厚みになっているからだ。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする