2018年10月05日

真澄携帯小説3356

マジックカーペット、真ん中の役物に魔法の絨毯に乗った王様がいている。
その王様の下のVゾーンにいれたらかかるのである。 最大で8回継続する。
継続させるには毎回Vゾーンに玉をいれなければならない。
比較的継続しやすい。
ただ羽がなかなか玉を拾わない時がある。
そして継続が終わってしまう。
それをパンクと呼ぶ。
かなり突っ込んでかかってパンクはかなりショックが大きいのである。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

真澄携帯小説3355

健康ランドにあるゲームコーナーのパチンコ。
ここには珍しく羽根物があった。
飛行機台ともいう。
今から30年ぐらい前は全盛期だった。
パチンコ屋さんの半分ぐらいは羽根物であった。
そして4割ぐらいがフィーバー台で、あと1割がスロットという割合であった。 そう考えると、あのころからかなり割合が変わったものである。
羽根物の台はマジックカーペットという懐かしの台であった。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

真澄携帯小説3354

館内着に着替え、館内をうろちょろする。
すぐにお風呂に入ればいいんだけど、うろちょろしてしまう。
知ってしまえばそれほどではないんだろうけど、凄く大きく感じるのだ。
あの健康ランドの作りがそう感じさせる作りになっているのか。
ゲームコーナーをチェックする。
このラインナップは大切である。
とりあえず、ゲームコーナーの絶対に勝つことのできないパチンコに100円を入れるのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

真澄携帯小説3353

健康ランドのロッカー、自分の荷物が入らないので、フロントで預かって貰うことにした。
すんなりとオッケーしてくれた、この健康ランドはかなり親切だ。
貴重品はないですかと言われたので、最悪とられてもいいものばかりですといっておいた。
リスクをしょって、使いふるされたタオルや、使いこまれた寝袋を誰が盗るというのか。
身軽になった僕は館内を散策することにした。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

真澄携帯小説3352

不良を追い払い、さらに自転車の旅は続く。
初日ということで、かなりの距離を進むことができた。
寝袋もあったが、今日は健康ランドに泊まることにした。
靴を靴箱にいれ、入場券を買う。
この高まる気持ちはいったいなんだろう。
わくわくするのである。 入場券を受付に渡し付いているロッカーの鍵と館内着と、小さいタオルと大きなタオルを受け取った。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

真澄携帯小説3351

不良はまさか攻撃をされるとは思わなかったんだろう。
明らかに動揺していた。 一瞬の間があり、僕はすごんだ。
まだやるんか。
不良は首を横にふった
口に出さなかったんはせめてものプライドだろう。 さらに追い討ちをかける。
誰のベンチや。
みんなのベンチです。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

真澄携帯小説3350

自転車をとめてベンチに座っている僕に不良が近づいてきた。
誰のベンチに座ってるん?
不良が凄んできた。
僕はゼロの間合いで返す。
誰のベンチでもないやろがい。
不良は僕が怯むと思っていたのだろう。
ビクッとなった。
ただ不良も引き下がるわけにはいかなかった。
俺のベンチじゃい。
不良が凄んだ瞬間、僕は不良の腹に前げりをした。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

真澄携帯小説3349

一目で不良とわかった。 現在、不良というのが非常に珍しい存在になっている。
見た目から悪く、悪いことをする。
それが不良であった。
不良とはある意味正直であった。
俺たちは悪い、だから怖いで、近づくなという存在だった。
ただ今は、見た目は普通なのに悪いことをするタイプが増えている。
見た目と怖さが一緒な不良はある意味正直なのである。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

真澄携帯小説3348

自転車をこぐ。
とりあえず北に進むことにした。
目的を明確に決め手自転車をこぐと結構なスピードになる。
ただ北に進むとだけ、決めて自転車を漕いでるので、ゆっくりと景色が見えた。
1時間半ほど進んだろうか。
公園があったので、そこでゆっくりとすることになった。
その公園には今では珍しい不良がいた。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

真澄携帯小説3347

自転車の旅をしたいな。 一人で自転車で旅をする。
そうすることにした。
必要な物を最小限にまとめ自転車で旅をすることにした。
スマホとサイフ、一回分の着替え、タオル、ティシュ、歯ブラシ、充電器、そして寝袋。
これだけ入れると大きなリュックもパンパンである。
リュックを荷台に積み、自転車で旅にでることにした。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

真澄携帯小説3346

夏休み、これからどうしよう。
一緒に遊びたい友達がいるが友達はクラブがあるから遊べないという。
サッカー部は練習が厳しいで有名だった。
休みはお盆の一日だけだが、それも休まずに自主トレするメンバーもいた。
僕はそこまで練習するのが信じれなかった
ただ暇すぎるのも困ったもんである。
さてどうしよう。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

真澄携帯小説3345

ユミは、普通の生活に憧れていたのかもしれない。 普通、普通と言っても普通じゃない人からしたら普通は難しい。
僕は、今日なにしようか、朝の時点でそうなってしまった。
夏休みのクラブも最初の一週間だけで終わってしまったからだ。
それがこのクラブが弱小である所以だが、まあプロになるわけでもないので、まあそれでいいかと深くは考えなかった。
それよりこの暇な夏休みをどう過ごすかの方が大切だった。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

真澄携帯小説3344

旅立つ、放浪癖というのがあるのかもしれない。
ユミも富豪もそうだったのかもしれない。
お金を持ち何不自由ない生活を送っているのだが、それでは満足できないのだ。
わからないようでわかる気もする。
例えば、バイキングに行って好きな物を食べれるとなる。
これが毎日続けば飽きてしまう。
制限されている方が、得た時に楽しいという法則があるのかもしれない。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

真澄携帯小説3343

昔、パチンコ屋さんでバイトしてる時、定住しない人いましたね。手ぶらできて、パチンコ屋さんの二階に住む。ベッド、テレビ、クーラーがある。風呂もトイレも洗濯機もある。ご飯は食堂にまかないがあり、自分のおかずを棚からとりだし、ジャーからご飯をよそって食べるシステム。
通勤時間は30秒です。
その街に飽きればまた違う街に旅立つのです。
一ヶ月で旅に出た人いたなあ。
posted by サバンナ八木 at 08:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

真澄携帯小説3342

住所は、実家にしておくか、親族にお願いする。
あとはお金を得ていくだけとなる。
一番早いのはバイトである。
バイトの中には、社宅があるバイトもある。
昔、バイトしていたパチンコ屋さんは、ベッドやテレビのある部屋が用意されていた。
一階が店舗なので通勤時間は30秒である。
ご飯はまかないがあり、食堂にいくと、自分用のおかずを取引も、ジャーからご飯をよそって食べるシステムであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

真澄携帯小説3341

都会と田舎の二重生活、それとは別に定住しない生活をする人が出てきた。
ようするに決まった家を持っていないのだ。
定住しないので、荷物の管理が大切になってくる。 かならず持っているもの、スマホ。
これだけなのである。
服は来ている服と、その着替えを買って季節ごとに処分する。メルカリで売ることができる。
音楽、ビデオ、アルバム、ノートなど全てスマホで用が足りる。
本当に必要なのは銀行カードとスマホだけとなるのだ。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

真澄携帯小説3340

藤沢に住み、東海道本線のグリーン席で都内で仕事をするスタイル。
藤沢での生活は快適そのものだそうだ。
15分もいけば海がある。 海風が日常的に味わえるそうである。
この生活スタイルはダーチャではないが似ているスタイルである。
都内でそういう生活をしている会員専用のホテルができるかもしれない。
カプセルよりちょっとだけランクが上のような。
都内を完全に仕事場と割りきるスタイルだ。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

真澄携帯小説3339

ダーチャで、プレゼンの資料作りをする。
そして、会社の通勤の間の電車で資料を再確認する。
今、東海道本線でグリーン席ができた。
グリーン席を購入して仕事をする人が増えてきている。
知り合いは、藤沢に住んでいて、グリーン席で仕事をして都内にくる。
帰りは仕事を終え飲みながら帰るそうだ。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

真澄携帯小説3338

日本でもロシアのダーチャのような物を持てないだろうか。
これは充分可能である。 東京一極集中で、地方は過疎化が進む。
これをダーチャによって、解消していくのである。 そして、ネットの進化がさらにダーチャを利用しやすくなるのである。
会社に行かなければならないことだけを会社で行い、それ以外をダーチャで行うのだ。
プレゼンがあり、その資料作りなどはダーチャで行うのだ。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

真澄携帯小説3337

このダーチャというのは、考えてみると、かなりいいことがわかる。
週末に畑仕事をする。
食事はその畑で取れた野菜中心である。
日曜日の夕方にまた明日からの仕事のために、市内に帰る。
その時に、持って帰れるだけ野菜を持って帰る。
金曜まではその野菜を食べる。自分で作った野菜は格別である。
肉を買うだけでボルシチになる。
野菜は酢でつけてピクルスにする。
ウォッカを飲みピクルスをつまむ。
そしてメインのボルシチを頂くのである。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする