2017年04月14日

真澄携帯小説2823話

旅館のタイプとして、部屋から綺麗な庭が見えたり、高級感がある旅館とお食事処やゲームセンターがある、使いやすい旅館がある。
安川はこの使い安い旅館が好きだった。
平和通りにあるこの旅館は安川の理想通りの旅館であった。
浴衣に着替えてゲームセンターに向かう。
そこでスロットとパチンコをする。
どんなに連チャンしてもカプセルに入ったオモチャが貰えるだけである。
しかしそのスロットとパチンコに熱中してしまうのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

真澄携帯小説2822話

この平和通りにあるホテルは賑わっていた。
素泊まりだと5800円というリーズナブルな値段だった。
携帯で調べると空きがあるので泊まることにした。 リーズナブルなのに施設はしっかりしていた。
浴衣をかしてくれる。
そして部屋に入ると小さいがこじんまりと使い安い部屋だった。
館内施設を見ると、温泉、岩盤浴、カラオケ、ゲームセンターと充実していた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

真澄携帯小説2821話

この金目の煮付けの煮汁がたまらない。
ちょっと行儀が悪いがご飯にかけさせてもらうことにした。
金目の油が出だ煮汁とご飯の相性が抜群だった。
ぺろりとご飯を食べてしまった。
赤だしと漬物もきれいになくなった。
大満足である。
食べ終わったあとに平和通りに戻る。
平和通り沿いにあるホテルをのぞいてみた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

真澄携帯小説2820話

かといって刺身定食も食べたいので、刺身定食と煮付け定食を一つづつ注文することにした。
ご飯と赤だしを自分の手元に置き、刺身と煮付けを中心に置く。
もちろん最初に刺身をいただく。
これはシマアジだろうか。
こりっとした食感のあとに上品な油が口の中に広がる。
ちょっととろみがあり濃い刺身醤油がちょうど合う。
そして煮付け定食である。
身を食べた時に煮ても新鮮さを感じるのであった。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

真澄携帯小説2819話

路地を通り抜けると、お店があった。
夜は居酒屋さんで、昼はランチをやっている感じである。
ランチは刺身定食と金目の煮付け定食があった。
これは非情に難しい選択である。
新鮮な近海物の刺身も食べたいが、金目の煮付けもいい、先に注文されている人の煮付けを見る。
煮付けの出汁が独特で黒い、そして、豆腐が黒くかなり味がしみている。その出汁に金目の油が光る。
見たことのない金目の煮付けであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

真澄携帯小説2818話

沼津の夜を二人は満喫できた。

次の日、二人は沼津を出発した。
そこから熱海に向かう。 伊豆半島を横切ればそこは熱海だった。
熱海には温泉が出るホテルや旅館が立ち並んでいた。
ここを通りすぎるのはあまりに勿体ない。
せっかくなので立ち寄ることにした。
駅前から平和通り商店街に入り、二筋目ぐらいのだいぶ細い小道を入る。
そこにお昼に定食をやっている店がある。
前に行ってまた来たいと思っていた。
そこで定食を食べることにした。
どうかあいてて欲しいと願うのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

真澄携帯小説2817話

そして食感の後は油が口の中に広がってくる。
一噛みごとに油が口に広がる。
昔漁師さんが言っていたことが今になって思い出される。
「一番美味しい魚は鯖やで」
その時はいまいちよくわからなかった。
今はその漁師さんが言ってることの理由がよくわかった。
鯖の刺身をいただく、そしてウイスキー白州をいただく。
白州は魚との相性も抜群であった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

真澄携帯小説2816話

鯖の刺身が出てきた。
見た感じ、いつもの鯖と同じだが、身の色が透き通っている。
いつもは酢でしめているので、そこが透き通ってるのでそこの違いはあった。 ちょっとクセがあるのかなとおそるおそる食べる。 食べたて衝撃がはしる。 まず身の柔らかさだ。
身の色からイメージする弾力がない。
イメージ、アジやハマチのような弾力を想像していた。
身の食感としては、マグロを食べているような食感であった。
ただ微妙にマグロとも違う。
味わったことのない食感だった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

真澄携帯小説2815話

鯖は生きぐされというぐらい、あしがはやい。
なのですぐに血ぬきをしないといけない。
なので船上で血ぬきをしていたのだろう。
相撲の技にもある、さば折りはそこからきているのだろう。
そんなしっかりした血ぬきをした鯖だからこそ、刺身で食べれるのだろう。
鯖の刺身を注文する。
お酒は白州で合わせることにした。
日本酒の地酒の冷やもいいかなと思ったが味を把握している白州で鯖の刺身を定点観測することにした。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

真澄携帯小説2814話

メニューを見る。
沼津なので、新鮮な魚があるかなと期待する。
メニューを見るときに、その魚の産地を考えるようにしていた。
いくら海が近くても、相模湾でイクラはとれない。 ホタテもそうである。
そうなると相模湾でとれる魚ということになってくる。
そこで気になったのが鯖の刺身である。
鯖はあまりにあしが早いのでたいがい酢でしめてある。
鯖の刺身、なかなか食べれることがない、それがメニューに載っていたのである。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする