2017年08月26日

真澄携帯小説2957話

夢すら見つからないならで日々に追われる毎日、そんな時、「ノマド」という存在をネットで知った。
ノマドはオフィスを持たずにパソコン一つでカフェなどで仕事する人をいうようである。
小さなノートパソコン、もしくはスマホだけで仕事をする。
服装は自由である。
カフェでパソコン一つで仕事する。
それはあまりにかっこよく見えた。
どんな仕事がしたいではなく、仕事のスタイル、「ノマド」になりたくなった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

真澄携帯小説2956話

カラオケ屋さんでお客さんが多いときは目の前の仕事に追われ、それ以外のことを考える時間がない、ただお客さんがある程度落ち着き、待ちの状態になると、ふっと考えてしまう。
自分は何のために東京に来たのだろうかと。
地元の友達で、いち早く社会人になったものは毎日営業で必死だが先輩に飲みに連れていって貰ったとか、大学生になったものはサークルに入ったとか、ツイッターから情報が入ってくる。
自分はまだ夢を叶える所か、夢すら見つけることができずにいる。
そして掃除をしてクタクタになり、帰ってねるのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

真澄携帯小説2955話

夜中に働いて、朝御飯を食べる。
共同のシャワーに入りスマホを見ながらネットサーフィンをする。
気がついたらウトウトしていて、起きたら昼の1過ぎである。
そこから近所に出かけてご飯を買いにいく。
ほか弁を買ってワイドショーを見る。
二時過ぎから、これからどうしようと計画を練る。 自分が何をしたいのか、それをネットで探す。
いっそうのこと海外に行こうかと思うが、治安のこともあるし、ビザの手続きもややこしい。
そんなこんなで夜のバイトがやってくる。
そんな日々のルーティンができつつあった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

真澄携帯小説2954話

カラオケ屋さんのバイトはシフト制だった。
遅番は21時から朝の5時までだった。
バイトに週に5日ぐらい入っていた。
時給が平均すると1000円、一日9000円でだいたい20日入り月に18万円のバイト代になった。
そこからシェアハウスの四万円、携帯代金を払う。 ありがたいのは、バイトに入るとまかないがついていることだった。
バイト先からシェアハウスは近かったので5時15分にはリビングにいた。
そこで寝る前の朝飯を食べるのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

真澄携帯小説2953話

一週間もするとカラオケ屋さんのバイトも板についてきた。
だいたいのことをこなせるようになってきた。
たまにレジのレシートのロールがきれるなどイレギュラーなことがおきて先輩にたよるぐらいだった。
お客さんは金曜と土曜の夜に集中していた。
金曜と土曜の夜だけはバイトがフルメンバーで入った。
カラオケ屋さんは、夜中が忙しい、考えてみたら当たり前だ、結果、夜中に働いて朝に寝る逆転生活になっていた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

真澄携帯小説2952話

具体的な夢を持ちたい、それと同時にバイトをして生活していかなればならないという現実があった。
カラオケ屋さんで働く。 初日は1時間速く入り店長から仕事を教わった。
部屋に案内をして注文をとり、ドリンクをつくり持っていく。時間になれば延長がないかを確認して会計をする、そして部屋の掃除である。
ドリンクはマニュアルが書いてあり、カクテルは調合がしっかりと貼ってある。
フードは温めるか、フライヤーであげるだけである。
揚げたものにレタスとレモンを添えて出来上がりである。
1時間でそれをすべて教わった。
あとは働きながら覚えていってということだった。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

真澄携帯小説2951話

シェアハウスの仲間と話していて感じたことはミュージシャンや政治家など具体的な夢を持っているということだった。
コウヘイは思う。
自分には夢がない。
ただ漠然と有名になりたいというのはある。
夢を考えた時にすでに無理なことが出てきているというのも実感した。
例えばプロ野球選手、コウヘイと同じ歳には、高校生としてドラフトに指名された人もいた。
何の経験もないのに、今からプロ野球選手になるのは無理である。
高校を卒業して今の自分に何の実力もないことはわかっていた。
せめて何かを目指す、実現可能な夢が欲しかった。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

真澄携帯小説2950話

サトシ君や、誠君はミュージシャンや政治家を目指すという一面、バイトをしなければならないという一面も持っていた。
ある意味、ミュージシャンに費やす時間より、バイトに費やしてる時間のほうが長かった。
その点、スリーはバイトをしていなかった。
デイトレーダーだけで一日を過ごしていた。
それがスリーの目指した形かどうかわからない。
食べるためなのか、目指した形なのか。
スリーはリビングにほとんど出てこないので皆も聞くことができなかった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

真澄携帯小説2949話

こうへいが、サトシ君にこのシェアハウスの住人は以上のメンバーかと聞く。 「まだ会ってない人いるよ。ほとんど部屋にいて出てこない人もいるんだよ」
「出てこないって、あの狭い部屋からですか?何をされてるんですか?」
「ちらっと見えた瞬間があったんだよね。たぶんデートレーダーなんだ」
「でもデートレーダーって證券取引ができる昼の3時ぐらいまででしょ?」
「いやFXもやってそうなんだよ、だから24時間なんだよ」
どうやら部屋から部屋から出ないデートレーダーも住んでるそうだ。
みんなは部屋番号からその人を「スリー」
と読んでいた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

真澄携帯小説2948話

こうへいはシェアハウスの住人と顔を合わせ、とりあえずほっとした。
考えてみれば東京に来てから人と話すことはほとんどなかった。
これからカラオケのバイトで人と沢山話すことになりそうだが、
「いらっしゃいませ」
「お部屋はあちらです」
「お時間15分前ですが延長されますか」
そういう店員としての会話になりそうである。
バイト以外で話せる仲間ができた。
ワンルームでなくシェアハウスを選んで本当に良かったと思った。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする