2018年10月26日

真澄携帯小説3377

近づいてきた、おじさんに焼酎のロックをつくる。 ありがとうな、と言って美味しそうに焼酎を飲む。 旅をしてるのかね。
大きな荷物と自転車を見て旅をしてることに気づいたのだろう。
M資金というの聞いたことないかね。
僕はたまたま先週、M資金の特集をしている番組をしていたので、存在は知っていた。
旧日本軍が隠したという金塊のことである。
前後、アメリカ軍がその金塊を海から引き上げたが、その金塊の一部が行方知れずになっているのだ。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

真澄携帯小説3376

この旅をいつまで続けるのだろうか。
そんなことを思いながら飲んでいた。
すると男性が近づいてきた。
ここで火を使ってるのを怒られるのかな、そう思うと。
ちょっと座らせて貰っていいかなと座った。
僕の焼酎を見て美味しそうなのを飲んでるねと言った。
僕は、つくりましょうかと言った。
いいのかなと男性は言った。
焼酎のロックを男性に作った。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

真澄携帯小説3375

焼けたチキンをカットしていく。
そのチキンを、塩とワサビで頂くことにした。
お酒は、焼酎である。
ワサビ醤油でもよかったのかもしれないが、塩とワサビの方がより美味しさを感じることができるのであった。
炭の香りもほんのりついている。
焼酎をロックを飲み、チキンを合わす。
飲むと一気にテンションが上がってきた。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

真澄携帯小説3374

湖のほとりで今夜は泊まることにした。
カバンから木炭を出し火をおこす。
木炭の組み方で火のおこりかたが変わってくる。
なるべく空気が入るように木炭を組む。
スーパーで、鶏肉をかってきた。
その鶏肉を網で焼く。
余分な油が下に落ちていく。
その油がさらに炎を強くした。
その火で野菜も焼く。
いい感じで焼けてきた。 続く
posted by サバンナ八木 at 08:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

真澄携帯小説3373

僕の手にはとんでもないパワーがやどっているのか。
僕は何事もなかったように旅を続けることにした。 サウナで出会った夫婦、そして巨大生物、いったいどうなっているんだろう。 僕はただ旅をしているだけなのに。
自転車で進む。
今日はどこかで野宿しようか。
湖の畔で今日は泊まることにした。
火をおこし、そこで今日の夕食を作ることにした。 続く
posted by サバンナ八木 at 08:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

真澄携帯小説3372

自分の右手が青白く光る。
感触といえば、自分の手の周りから温かくなり、それが遠くにいくほど熱を帯びるといった感じだろうか。
巨大生物に向けて突きをいれると、巨大生物の中にぽっかりと穴があいた。
巨大生物はギュオーという声を発しながら、退散していった。
自分の手を見てみる。
ほんのり青白い。
まだかすかに余韻が残っていた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

真澄携帯小説3371

巨大生物が追いかけてくる。
この湖沿いは、長い一直線の道が続く。
横道に入りたいのだが、横道がないのである。
このまま全力で走るのももう限界である。
一か八か、巨大生物と戦うことにした。
巨大がこちらに突進するのと同時にパンチを食らわす。
その時、自分の右手が青白く光った。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

真澄携帯小説3370

全力で逃げる。
のっそのっそと、向かってくる。
一歩歩くごとにその巨大な足がズシンズシンと音をたてる。
見ると通ってきた後が道のようになっている。
ガードレールがグニャリと曲がっているのである。 これは踏まれたらおわりだ。
巨大生物は逃げる僕を追ってくる。
逃げるものを追う習性があるのだろうか。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

真澄携帯小説3369

巨大生物がこちらに進んできた。
湖からこちらに歩いてきたのである。
たがまだガードレールと道を挟んでいる。
大丈夫か、ちょっと考えが甘かった。
湖からのっそと上がってきたのだが、今まで動物園で見たどの動物よりも大きかったのである。
ゆっくり歩いているのだがその一歩が大きくすごい勢いで近づいてきた。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

真澄携帯小説3368

巨大生物がこちらを見ている。
だいぶ昔の人は図鑑を持っていないので、この巨大生物を見た時に、こんなんもいるんだなあと自然に受け入れたかもしれない。
図鑑もあればネットもある、動物園にも水族館にも行っている。
この巨大生物はどこにも属さないのである。
その巨大生物がこちらを向いている。
危険なのか、危険でないのか、それもわからないのだった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする