2017年01月29日

真澄携帯小説2748

割烹の一品にフナ吉は感動するばかりだった。
普段食べなれてないせいか、喉に通っていかない。
「お腹すいてないのか?」 ウナギヘッドが気をつかってくれる。
ウナギヘッドはさすがに常連である、ごく自然体に食べている。
フナ吉は割烹を頂き、ウナギヘッドを湾の外とつながる通路へ案内するという任務をしっかりこなさないとと思うのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

真澄携帯小説2747

カウンターには一枚の長い板が置かれていた。
これだけの板はなかなか手に入らないだろう。
ウナギヘッドは行き付けなのだろう、注文もしないのにドリンクが出てきた。 ウナギヘッドが何を飲むか店も把握しているのである。
フナ吉も同じ物を頂くことにした。
割烹料理が出てきた。
一品は旬の山の物が多かった。
山から偶然流れてきた食材を使っての一品だった。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

真澄携帯小説2746

出目金がやっている料理屋さんに連れていって貰うことになった。
店の雰囲気から、なかなか自分では入れない雰囲気だった。
値段も書いてない、いったい、どれぐらいのレピアゴールドするのかまったくわからなかった。
入ってみる。
「いらっしゃいませ」
威勢のいい、板長の声が響いた。
厨房では若い弟子達が所狭しと動き回っている。
その瞬間にここが名店であるというのがわかった。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

真澄携帯小説2745

大王の岩から湾と海がつながっている場所までかなりの距離があった。
ある程度進んだ所で今日は泊まろうということになった。
ドンコの宿があったのでそこに泊まることにした。 せっかくだから夜の湾にくり出そうということになった。
このあたりは、金魚がやっている、飲み屋さんが沢山あるらしい。
とりあえずは、出目金がやっている、料理屋さんに行くことにした。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

真澄携帯小説2744

ウナギヘッドと対面する。
一言で言えばカッコいい。
そして明らかにこのウナギはできるという感じがでていた。
キレモのである。
王国の最大派閥を束ねているだけのことはあるなと感じさせた。
フナ吉は丁寧に挨拶をする。
さっそくフナ吉はウナギヘッドに湾の外を案内することにした。
ウナギヘッドの後ろを歩いているとみんなこっちを見るのですごく気持ちよかった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

真澄携帯小説2743

ナマズ大王の指令で本格的に動き出すことになった。
ナマズ帝国最大の派閥である、ウナギヘッドが動き出すことになった。
実質ナマズ帝国はウナギヘッドが切り盛りしているといっていいぐらい、ナマズ大王はウナギヘッドに信頼を置いていた。
そのウナギヘッド一行とフナ吉は湾の外に視察に行くことになったのだ。
フナ吉はウナギヘッドと対面することになった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

真澄携帯小説2742

ナマズ大王が現れた。 フナ吉は今までに見たことのない大きさのナマズで圧倒された。
普通のナマズの三倍もあろう体格をしている。
ナマズ大王がフナ吉に問う。
「話は本当なのか」
すでに話は部下が説明していたのだろう。
「はい」
フナ吉は返事をした。
「わかった。褒美と位をさずけよう」
情報を提供した報酬として湾で使えるレイクゴールドと、位を頂いた。
位はナマズ大王の部下の部下という位だった。
普段、あっている部下の部下と同じ位になったことになる。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

真澄携帯小説2741

ナマズ大王の部下は事態の大きさを把握していた。 そして事態の大きさからすぐにナマズ大王に話を通すことになった。
ナマズ大王まだ話を通すというのはかなりまれなようだ。
だいたいは部下の部下か、部下で判断して解決してしまうからだ。
ナマズ大王の住む、岩場にフナ吉は通されることになった。
大きな岩の隙間の奥から髭が見えた。
それはナマズ大王であった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

真澄携帯小説2740

普段会っているナマズ大王の部下の部下にまずは話を通して貰うことにした。 その結果、ナマズ大王の直の部下に話をすることができた。
直の部下とは大王が住む、近くの岩の窪みで話をすることになった。
フナ吉は伝える。
久美浜湾が海とつながったことを直の部下に話をした。
直の部下は他の魚と違い、その話をすんなり疑うことなく受け入れた。
さすが直の部下になるだけの魚である。
理解力もピカイチであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

真澄携帯小説2739

フナ吉はナマズ大王がいる場所を物知りの仲間から教えて貰う。
ナマズ大王は大きな岩の底に住んでいた。
そこに行くまでにナマズ大王の部下たちが警備をしていた。
完全にナマズ大王が仕切っていた。
部下にそれぞれのエリアを担当させて、その部下がまた細かく担当するというシステムだった。
普段フナ吉はナマズ大王の部下の部下しか会うことがなかった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする